Top >  ファーストピアスの基礎知識 >  ファーストピアスの注意事項を、ちょっと小ウルサク語ります。

ファーストピアスの注意事項を、ちょっと小ウルサク語ります。


ファーストピアスランキング2 ファーストピアス素材ランキング
ファーストピアスランキング3 ピアッサーランキング


ファーストピアスには守るべき注意事項があります。
これを怠ると、甚大なトラブルを引き起こしかねませんので、
十分に注意してほしいと思います。


ピアスをあけてから1ヶ月ほど経過すると、
ファーストピアスを抜くことができますが、
まだピアスホールは安定していませんので、
この時期もまだまだピアストラブルの起こり易い時期です。


できれば半年は
フープ型やチェーン型のピアスは我慢したほうが良さそうです。
これらのピアスは慣れないと挿入しくいので、
不安定なピアスホールに傷をつけてしまうことが多いからです。


次にセカンドピアスですが、
できれば純度が18金以上の軸がついたピアスを選びたいところです。
「18金」というふれこみで売っているピアスでも
じつは「18金メッキ」のものが多いので注意が必要です。


メッキ加工では素材を完全に覆うことは困難です。
金メッキをする場合、多くは先にニッケルのメッキをしますので、
18金といっても、実際は半分は「ニッケルメッキ」のようなものです。


ニッケルは金属アレルギーを成立させやすい金属ですので、
上記のような金メッキのピアスを使うと
金属アレルギーになることがあります。


セカンドピアスでおすすめなのは、
素材としては24金、18金無垢、チタン、プラチナ、シルバーの軸のもので、
なるべく軸が太く
尖端が加工されていて丸くなっているものです。


加えて半年くらいは、ファーストピアスを時々付けて、
ピアスホールの縮小を防ぐようにすれば万全です。
ホールがなかなか安定しない場合は、
シリコンピアスに変えてホールの安定を促すと良いでしょう。
またセカンドピアスのキャッチを締めすぎると
ピアスホール部分が血行不全になって、
トラブルになることが多々ありますので、ここも注意して下さい。


他の注意事項としては、
ファーストピアスを付けているときと同じで、
サウナのように極端に温度の高いところや、
極端に温度の低いところにピアスをつけて入らないことです。


皆さん経験があると思いますが、
金属と皮膚とでは熱の伝導率が違うので
熱傷や凍傷になったりすることがあります。


最も肝心なことはトラブルを感じたらすぐに皮膚科を受診することです。
ピアスが耳に埋まったり
ピアスで耳が切れたりする人も少なからず存在しますからね。





「ファーストピアスの基礎知識」 カテゴリー内記事一覧



ファーストピアスの注意事項とは | ファーストピアストラブルにはどんなことに気をつけたらいいの? | ファーストピアスの料金はどのくらい? | ファーストピアスは再装着してもいいの? | ファーストピアスは金属アレルギーに注意! | ファーストピアスの位置は流行がある? | ファーストピアスはどうして必要? | ファーストピアスの注意事項を、ちょっと小ウルサク語ります。 | ファーストピアスの選び方 | ファーストピアスと金属アレルギー、その科学的な仕組みとは? | ファーストピアスとピアスホール | ファーストピアスについて 私の初体験 |