Top >  ファーストピアスの基礎知識 >  ファーストピアスと金属アレルギー、その科学的な仕組みとは?

ファーストピアスと金属アレルギー、その科学的な仕組みとは?


ファーストピアスランキング2 ファーストピアス素材ランキング
ファーストピアスランキング3 ピアッサーランキング


ファーストピアスをする人にとって、一番心配なのは
金属アレルギーではないでしょうか。
今回はその金属アレルギーが起こる仕組みを、
ちょっと詳しく見ていこうと思います。


汗などでピアスの金属が溶け、
金属イオンとなって、皮膚の中に入り込みます。
すると身体はこれを異物=敵とみなして、
追い出すために抗体をつくります。


次に同じ金属イオンが体内に侵入したときに、
先ほど作られた抗体をもつリンパ球(白血球の一種)が出撃して、
アレルギー反応を起こすのです。


金属がイオン化して体内に侵入しなければ
このような反応は起こらないわけですが、
汗をかきやすい夏などは・・・

・ふだん弱酸性に保たれて防御されている表皮が
 アルカリ性の汗によって異物の侵入を容易にしてしまうこと

・加えて、汗により金属がイオン化しやすいこと


これらの原因によって、
金属アレルギーの症状が悪化しやすいと言われています。


アレルギーの原因となりやすい金属は、
水銀、ニッケル、コバルト、クロム、スズ等です。
金属アレルギーが気になる方は、皮膚科でパッチテストという検査をして、
何がアレルゲンとなるのか特定してもらうことをお勧めします。


その結果を受けて、
その金属が使われているピアス、ジュエリー、アクセサリー、時計などを
身に付けないようにすれば良いわけです。


また、何が素材として使われているかわからないピアスや、
普通下地にニッケルメッキが施されているメッキ品のピアスは
身に着けないようにしましょう。





「ファーストピアスの基礎知識」 カテゴリー内記事一覧



ファーストピアスの注意事項とは | ファーストピアストラブルにはどんなことに気をつけたらいいの? | ファーストピアスの料金はどのくらい? | ファーストピアスは再装着してもいいの? | ファーストピアスは金属アレルギーに注意! | ファーストピアスの位置は流行がある? | ファーストピアスはどうして必要? | ファーストピアスの注意事項を、ちょっと小ウルサク語ります。 | ファーストピアスの選び方 | ファーストピアスと金属アレルギー、その科学的な仕組みとは? | ファーストピアスとピアスホール | ファーストピアスについて 私の初体験 |