Top >  ファーストピアスの種類 >  ファーストピアスにはチタンを!

ファーストピアスにはチタンを!


ファーストピアスランキング2 ファーストピアス素材ランキング
ファーストピアスランキング3 ピアッサーランキング



アレルギーを起こしやすい主な金属は、ニッケル、コバルト、クロム、水銀です。
なかでも、ニッケルはメッキや、ステンレス、
また合金製(18金など)のアクセサリーなどにも多く使用されています。


ピアス、イヤリング、ネックレス、腕時計、
はては眼鏡のフレーム、下着の金具など注意が必要です。
特にピアスは、金属が直接、長期間体液と触れる状態になるため
体内に取り込まれやすくトラブルを起こしやすいものです。


特にファーストピアスの場合(初めて穴を開けるとき)は、
アレルギーを起こしにくい金でも問題になります。


ピアスは耳たぶを通してつけますから、
金が直接皮下組織と接触し、
組織液によって微量ながら溶けだします。
そのとき金属イオンが体内に取り入れられて、
アレルギーを起こすといわれています。


現在のところアレルギーを最も起こしにくい金属はチタンです。
したがってファーストピアスにはできるだけ
チタン製のものを医療機関でつけてもらうことが一番安全です。


よくチタン製といってもメッキしているだけで
他の金属が含まれているものがありますが、
純チタン製のピアスを選ぶようにすれば安心ですね。


金属アレルギーのはずではないのに
ピアスをつけたとたんに金属アレルギー反応がでた!
・・・という人は少なくありません。


金属アレルギーの方でも安心してつけられるのがチタンですが、
最近では樹脂製のものも人気があります。
心配な方はファーストピアスからチタンもしくは樹脂製に
してみる方がいいかもしれませんね。





「ファーストピアスの種類」 カテゴリー内記事一覧



へそピアスはやっぱりチタンのファーストピアスがベスト? | ファーストピアスの素材いろいろ | シリコンのファーストピアス | ファーストピアスはチタンがベスト! | ファーストピアスにはチタンを! | ファーストピアスの種類にはどんなものがあるの? |