Top >  ファーストピアスと消毒 >  ファーストピアスの消毒ケア

ファーストピアスの消毒ケア


ファーストピアスランキング2 ファーストピアス素材ランキング
ファーストピアスランキング3 ピアッサーランキング



ファーストピアスを開けてから
ピアスホールが安定するまでの間の約6週間、
ピアスホールのケアがとても重要になってきます。


ファーストピアス後6週間は
ピアスをつけたままケアしなければいけません。
ピアスを外すことは禁物でキャッチも同様、ケアの時も外してはいけません。


ファーストピアスを装着したまま
前後にスライドさせたりしながら
ケアジェルや薬用石鹸などによってケアしなければいけません。
キャッチを摘んでくるくる回してみたり、
きれいな水で洗い流したりしてみましょう。


注意点としてファーストピアスには
長めのポスト「ロングポスト」などと呼ばれる軸の長いものを選びましょう。


入浴時などピアスホールとピアスのポストに消毒用のジェルをつけて
軽く前後にスライドしたりくるくる回したりしてみましょう。
入浴後にはピアスホールのまわりの水分をきれいに拭き取りましょう。
※あまり消毒のやりすぎも返ってトラブルのもとになります。


ファーストピアスをあけた数日間は耳たぶが痛むことがありますが、
そのような場合には無理に動かさずに
ジェルなどをつけて洗い流すだけでいいでしょう。
何日かたてば動かしても痛みは感じなくなるので
数日間痛みには我慢しましょう。


ファーストピアスの消毒・洗浄には
ピアス専用のジェルを使うようにしましょう。
他の傷用のエタノールやマキロンなどは刺激が強すぎるのでオススメできません。


ピアスの穴といっても敏感なところなので
決められたとおりのケアの仕方で行いましょう。





「ファーストピアスと消毒」 カテゴリー内記事一覧



ファーストピアスで注意することは、消毒! | ファーストピアスの消毒ケア |