Top >  ファーストピアスのケア >  ファーストピアスが痛くてたまらないときは…

ファーストピアスが痛くてたまらないときは…


ファーストピアスランキング2 ファーストピアス素材ランキング
ファーストピアスランキング3 ピアッサーランキング


ファーストピアスを痛くて付けていられない時は
無理をせずはずすか、専門の医療機関に診てもらいましょう。


ファーストピアスをしている時は分泌物が出たりしますから、
その分泌物が固まってピアスホールに入り込んでいる場合があります。


また、服を脱いだり着たりしていてピアスに引っ掛けたり、
耳たぶを圧迫している時に痛みを感じます。


あと、風邪などひいて免疫力が落ちたときに
ピアスホールの調子が悪くなり痛くなることもあるそうです。


ファーストピアスをしている時は
傷口が化膿することが十分考えられるので
痛くてどうしようもない時は自己判断せず専門家に相談しましょう。


オシャレのために少々の不便や違和感を我慢する場合もありますが、
ピアスの場合、それは厳禁です。


特にファーストピアスの場合は
ちょっとでも違和感や異常を感じたら、専門家に診てもらいましょう。





「ファーストピアスのケア」 カテゴリー内記事一覧



ファーストピアスが痛くてたまらないときは… | ファーストピアストラブル 腫れなど | ファーストピアスとケアについて | ファーストピアスで膿んでしまった人が… | ファーストピアで腫れてしまったら | ファーストピアスのトラブル防止法! |